小鼻の黒ずみの原因とは?

shutterstock_264905564

小鼻の黒ずみの原因は毛穴に詰まった皮脂や皮膚の酸化によるものです。

毛穴に詰まった汚れを角柱と呼びますが、これを毛穴パックなどで取り除いたり、無理に指で押しだしたりすると、毛穴が傷つき炎症を起こしてしまいます。

炎症の後にメラニン生成が起きると、毛穴自体が黒ずんできます。こうなるとシミと同じように改善させるのは大変です。

ホワイトニング化粧品を使って少しずつ目立たなくしていきましょう。規則正しい生活を心がけると肌のターンオーバーが正常化し、古い角質がきちんと剥がれ落ちるので、黒ずみの改善も期待できます。

また、角栓を作らせないために、皮脂やメイク汚れをきちんと落とすクレンジング、過剰な皮脂の分泌を抑える保湿を徹底しましょう。

小鼻の角柱の正体は?

小鼻のぶつぶつとした黒ずみが気になっている人は多いです。

その正体は毛穴に残った古い角質と皮脂が混ざり合い酸化したものです。その角栓ができる原因は、皮脂の過剰分泌によるものです。

肌のターンオーバーが正常に機能しないと、古い角質が残ってしまい肌の表面に残ります。そうなると毛穴が狭くなり、内の古い汚れが外に排出されなくなり角柱となってしまうのです。

これを改善するためには、生活習慣の見直しが必要です。脂分の多い食生活を改め、適度な運動で体内循環を良くし、質の良い睡眠をとることで肌のターンオーバーが整ってきます。

そして、日々のスキンケアもきちんと行うことが大切です。肌を傷めないように良く泡立てた洗顔フォームで優しく洗い、そのあと化粧水、美容液、クリームで保護します。

小鼻の黒ずみを悪化させる間違った対処法

shutterstock_497179372

小鼻の毛穴が黒ずんでいて気になる場合、つい指で中にある角柱を押し出すなどの対策がしたくなるものですが、これは逆効果だといわれています。

無理な力を加えると症状が悪化してしまう可能性がありますので、綺麗にしたい場合は、毛穴パックなどを使うのが良いでしょう。

また、必要に応じてピーリングなどを適度に行うのも、効果があるといわれています。毛穴の形状によっては、皮脂の過剰分泌よりも、皮膚の乾燥が原因となっている場合もあります。

毛穴が細くシワのように見える場合などは、ピーリングよりも、保湿ケアを心がけたほうが良いかもしれません。また、洗顔フォームやメイク落としなどを、低刺激で優しいタイプのものに、変えるのも良いでしょう。

小鼻の黒ずみを取る方法

小鼻の黒ずみを取るには2つの方法があります。まずは直接毛穴に詰まった汚れを取り出す方法です。

カチカチに固まった皮脂汚れの塊である角栓を、オイルなどで柔らかくしてからパックなどで取り去る方法は人気があります。

しかし、無理に角栓を抜くことは少なからず肌にダメージを与えてしまうことがあります。開いた毛穴をそのままにしておくことで、また汚れや皮脂が詰まりやすくなり、結局は悪循環になってしまうことがよくあります。

安易な気持ちで鼻を触らないようにしましょう。根本的な解決を望むなら、やはり生活習慣を見直してターンオーバーの正常化を図るのが得策です。

正しいスキンケアと保湿を怠らず、規則正しい生活を心がけることで徐々に黒ずみが改善していきます。

綿棒とオリーブオイルで黒ずみを撃退!

shutterstock_447759781

鼻の黒ずみはどうしても気になってしまうものです。毛穴パックなどもありますが、粘着性の強いものではがすと肌に負担がかかってしまいます。

肌に負担のかからない方法としてはオススメなのが、オリーブオイルを使ったケア方法です。

やり方は簡単で、まず洗顔をして綺麗にしたらいつもの保湿ケアをした後に、綿棒にオリーブオイルを染み込ませます。

黒ずみが気になる部分をオイルをつけた綿棒で円を描くようにくるくるとマッサージするだけです。

気になる部分があれば横を軽く押すことで角栓が出てきます。強くこすってしまうと肌の負担になるため注意が必要です。

マッサージし終わったら洗顔でオイルを落として、冷たい水で毛穴を引き締め、清潔なタオルで水気を取った保湿ケアして完了となります。

ニベアとオロナインを使って小鼻の汚れを落とす!

小鼻の黒ずみに悩んでいる方は多いのではないでしょうか。一生懸命洗顔したり、毛穴のつまりを取る道具で無理矢理出そうとすると肌を傷つけたり、むりやりに毛穴を広げるのでかえって状態を悪くしてしまう可能性があります。

しかし、身近にあるもので簡単にケアが出来る事を知っていますでしょうか。最も手軽で有名なのが、オロナインパックです。オロナインの軟膏を小鼻にたっぷりと塗ります。そして、ラップなどでパックをすることで、毛穴に詰まった角栓が抜けやすくなるのです。

元もいいタイミングは、お風呂上がりに肌が柔らかく角栓も溶けやすくなっている時です。オロナインが手近に無い時は、ニベアなどの油分の多いクリームでも有効です。パックの後は、しっかり洗顔をして化粧水などで毛穴のケアをするようにしまよう。

いちご鼻とは?

shutterstock_526950337

鼻に黒いぶつぶつとした凸凹があれば、いちご鼻の可能性が高まります。生まれたときにはないですが、思春期の頃から皮脂の分泌が活発になると、毛穴にたまりやすくなり、目立っていきます。

角柱といって、酸化した皮脂や古い角質、落としきれなかったメイクの油分が毛穴の中でかたまってしまったものもあります。

毛穴が黒くなって、いちごのような状態になってしまうので、このような名前が付きました。

簡単には落とすことができませんが、丁寧な洗顔で汚れを落とし、スキンケアで水分を補うことで改善させることができます。

きちんとした睡眠や、ビタミンを意識して摂るなど、生活習慣によっても大きく状態を変えることができます。ビタミンを過剰に消費してしまう、飲酒や喫煙も避けましょう。

いちご鼻の治し方

多くの女性の悩みの1つに、小鼻の黒ずみを上げる方は多いのでは無いでしょうか。

角柱ケアが上手く行かず、肌のターンオーバーが乱れて古い角質が残ってしまう事が原因の1つです。

肌の内側から感想するインナードライも、小鼻の黒ずみを悪化させる原因の1つと言われています。

ぽつぽつと黒ずみがメラニン対策が不十分なせいで見える小鼻の事をいちご鼻と呼んだりしますが、意外に簡単な方法で改善する事が出来ます。

まず最も大切なのが、保湿です。インナードライ肌で上手く行かなくなった肌のターンオーバーを正常化して健康な肌が生まれるようにする事が大切です。

乾燥を防ぐ為には保湿もですが、紫外線対策をしっかり行い正しいスキンケアを心がける事が大切です。

いちご鼻が治りにくいのには理由があった

時間が経過したいちご鼻は角柱の除去だけでは改善が難しい場合があります。角栓が詰まっている状態は毛穴が広がっている状態です。

ターンオーバーが正常化しても角栓があると毛穴は締まることはないのです。

まず毛穴の角栓を取り除きます。鼻パックなどを使わずに、時間がかかることですが肌のターンオーバーの正常化と平行して行ないます。

通常肌は28日周期で代謝を繰り返します。この周期が乱れるといちご鼻になった毛穴は、酸化した角栓に長く触れることになり、これが要因になり毛穴周期の肌の代謝が遅れるのです。

肌の代謝を良くするには、保湿、睡眠、刺激を避けることです。さらに紫外線ケアも大切です。

紫外線を浴びるとメラノサイトからメラニンが産生され、これが皮膚表面に集まるとしみなどになります。毛穴の酸化した皮脂のいちご鼻の他、肌の代謝の遅れによりいちご鼻になることがあるのです。

男の毛穴の黒ずみの原因と対策

最近は、男性の中にも美意識が高い人が増えており、数多くの男性化粧品が販売されています。

男性の肌の悩みで多いのが、ニキビと毛穴の汚れです。男性ホルモンが多いと、皮脂分泌が過剰になり、皮脂詰まりが目立つようになります。

皮脂が詰まると、詰まった皮脂が押し出され、皮脂が酸化してしまいます。酸化やメラニンの影響で、黒ずみが目立つようになった場合、ピーリング石鹸などを使って古い角質を落とす人もいます。

ピーリング石鹸や酵素が配合された洗顔料は、優しく角質を取り除くことができますが、洗顔後はしっかりと保湿をする必要があります。

男性は女性よりも皮脂の分泌が盛んですが、皮脂を取りすぎるとさらに皮脂の分泌が多くなる可能性があるのです。

鼻の黒ずみを改善するための正しいクレンジングの選び方

shutterstock_525074437

洗顔とクレンジングを毎日行っているのに、なかなか改善しない鼻の黒ずみの原因は、肌質や用途に合ったクレンジング選びを間違っている可能性があります。

鼻の黒ずみの原因は、毛穴に溜まった汚れです。分泌された皮脂に大気の汚れやメイクの残り、垢や老廃物などが混じり、汚れとなってしつこく残り続けてしまいます。

毛穴の汚れを取り除くには、毛穴に入りこむようなきめ細かい泡が作れる洗顔料を使い、泡に汚れを吸着させてから洗い流します。

また、角柱ケアできる製品を選べば、鼻の毛穴を目立たせなくすることができます。また、肌に合うクレンジングを選ぶ事も重要です。

洗浄力が高いクレンジングほど、肌への負担も大きくなる傾向があるため、洗顔後のスキンケアなどもしっかり行うようにしましょう。

鼻の黒ずみを解消するにはまず正しいクレンジング方法で

鼻の黒ずみはとても目立つため、早く解消したいと考えている人は多いです。

汚れを取るために、洗浄力の強いクレンジング剤を使う人もいますが、皮脂を取りすぎてしまうと、皮脂の分泌量が多くなり、毛穴を詰まらせてしまうことがあるので注意が必要です。

洗顔の時に肌を強くこすると、角質層にダメージを与えてしまいます。皮脂を取りすぎて肌の水分力が低下すると、肌のバリア機能も弱くなり、乾燥しやすくなります。

そして、少しの刺激でも炎症を起こすリスクが高くなります。洗顔前は、手を洗うことが大事です。手を清潔にしてから、丁寧に洗顔料を泡立てて、泡を転がすように優しく顔を洗います。

お湯の温度は、人肌程度のお湯が適しています。
洗顔時間は、2分以内が目安です。

クレンジング後にもしておきたい鼻の黒ずみ対策

洗顔後は肌の水分が不足しているので、すぐに化粧水で水分を補充してあげる必要があります。

化粧水を肌に浸透させる場合、早く馴染ませようと強い力で肌に押し付けるようにしたり、パッティングしないように気を付けましょう。

パッティングはマッサージ効果や、化粧水を馴染ませる効果がありますが、優しく行わないと肌や毛細血管を傷める原因となり、肌トラブルの原因となる可能性もあります。

冷水パッティングは心地よい程度ならともかく、冷たさに耐えて行う必要はありません。

冷水の冷たさで一時的に毛穴が締まるだけで、暖かい環境にいれば自然と毛穴は開いてきます。そのため、鼻の黒ずみ対策として、冷水パッティングはしないでも特に問題ありません。

鼻の黒ずみは食生活でも予防できる

shutterstock_526839088

鼻の黒ずみを予防する食生活では、脂質や糖質を控えることが大切です。

脂質、糖質に偏った食生活は、それらを分解、排出するために分泌される皮脂の量を増やします。

そうすると、通常よりも毛穴の大きさが広がり、分泌された皮脂は次第に酸化して、開きすぎた毛穴に溜まっていきます。それが毛穴に沿った黒ずみとなって居残ってしまいます。

対策としては、まず、よく噛むことです。30回ほどしっかりと噛み砕かれた食材は、分解力も早まり栄養の偏りをなくし、熱源として体全体に均等化されます。これにより、皮脂の出やすい部位に集中することを防ぎます。

次に、外食時に脂っこい食べ物を避けます。また、アルコールもカロリーの高さがありますので、出来るだけ控えることが大切です。

更に、皮脂の分泌、老廃物の排出といったサイクルをうまく回していくためには、抗酸化作用の豊富な食材を選びます。活性酸素除去能力に優れたものに効果の高さがあります。

毛穴詰まりを解消するための生活習慣

毛穴詰まりを防ぐ生活習慣としてポイントとして最も注意するべきなのはストレスです。

ストレスは様々な病気の原因になるとして昨今注目を寄せられるようになっていますが、ストレスが多い生活は肌の状態を悪化させる原因にもなります。

そのためストレスフリーな生活、適度な運動でしっかりとストレスを発散することはまず取り入れるべきでしょう。

次に睡眠も重要で、特に忙しくてまとまった睡眠時間が取れないとなるとストレスも蓄積されてかなり大きな悪影響が出てきます。

人の肌は眠っている時にこそ回復するものですから、毛穴詰まり改善のためにはしっかり眠ってリフレッシュをすることも大切です。

あとはいうまでもありませんが、飲酒やタバコを控えることも忘れてはいけません。こういったことを一つ一つ改善していけば、毛穴詰まりが起きづらい肌は自然と作られていくことになるでしょう。

ビオルガクレンジングで小鼻の汚れを撃退!

気になる小鼻の黒ずみや汚れに効果的なのが、ビオルガクレンジングです。ビオルガのおすすめポイントは次の2つ。

(1) 8種類もの和漢エキス配合で肌本来の力をサポート

和漢によるスキンケアは、昔から研究されてきた東洋の考え方の一つとして知られてきました。

ハトムギ、葛根、シャクヤク、ドクダミなど自然の厳しい環境で育てられた和漢植物の生命力が、肌本来の力を内から引き出してくれます!

これらの和漢成分は、肌の角質層に素早く浸透し、無理なく毛穴の汚れが外に出やすい肌状態にしてくれます。

(2) 17種類もの美容エキスでエイジング効果も抜群

ビオルガクレンジングはアンチエイジングにも優れています。セラミドやヒアルロン酸をはじめとする肌に嬉しい美容成分を贅沢にたっぷりと配合。

毛穴ケアだけでなく、乾燥やたるみなど、現代女性が抱える悩みをすべてカバーしてくれます。

投稿日:2016年11月15日 更新日:

NEW ENTRY

新しい記事はありません

Copyright© 小鼻クレンジング隊 | 鼻毛穴の黒ずみぶつぶつ詰まりを解消 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.